【断言】通常のエアコンクリーニングでは汚れは取れません

一般的なエアコンクリーニングのイメージって?

一般的にエアコンクリーニングといえば、壁にかけた状態のエアコンを
ビニールシートで覆い洗浄機で洗浄する、
そういったイメージをもっておられるかと思います。

エアコンクリーニング この写真のような状態ですね。

外装パネル、フィルターを取り外し、洗浄ポンプで熱交換器、ファンに洗剤を吹きかけ、
水で洗剤とカビやホコリの汚れを洗い流す、という工程になります。

洗浄後の仕上がりを見ると、熱交換器、ファンの汚れがなくなり、キレイになったように見えます。が、 これは実際に見ていただくと分かりますが表面上を清掃しただけで、キレイにはなっていません。

この方法ですと、前面から限られた範囲で、しかもお客様の室内という作業環境のため比較的弱い
水圧のポンプしか使用できません。

ということは十分にすすぎが行なえませんので、
汚れを洗い流せないばかりか、洗剤がエアコン内に残ってしまう場合もあります。

その残った汚れと洗剤をエアコンの風に乗せて撒き散らす、想像は難しくありませんよね。